会社案内

ホーム > 会社案内 > 沿革

会社概要

昭和 34年 5月 会社設立
同 10月 一般ガス事業事業認可
昭和 36年 6月 軽油からナフサへ原料転換
昭和 41年 6月 MS式油ガス発生炉1号機を設置
昭和 43年 4月 MS式油ガス発生炉2号機を設置
昭和 46年 7月 熱量変更(15.06MJ から 18.8MJ へカロリーアップ)
昭和 49年 6月 MS式油ガス発生炉3号機を設置
昭和 53年 6月 宮城県沖地震によりガス供給停止
昭和 54年 6月 2,000m³× 0.7Mpa球形ガスホルダー1基設置
60tLPGストレージタンク1基設置、ブタンガスへ原料転換
昭和 57年 5月 液化石油ガスの販売認可を受け、LPガスの販売を開始
昭和 58年 5月 関係会社石巻ガス開発株式会社設立
一酸化炭素変成装置1基設置
昭和 61年 9月 4,000m³×0.7Mpa球形ガスホルダー1基設置
昭和 63年 7月 都市ガス脱湿装置設置
平成 4年 7月 簡易ガス事業認可(新下堀ニュータウン)
平成 5年 3月 簡易ガス事業認可(稲井ニュータウン)
同 6月 簡易ガス事業認可(県営蛇田住宅)
平成 11年 12月 関連会社エネサ−ビス株式会社設立
平成 12年 4月 関連会社石巻ガス開発株式会社、エネサ−ビス株式会社と合併
平成 14年 7月 天然ガス13Aプラント完成、供給開始
平成 15年 2月 天然ガス13Aへ転換完了
平成 18年 2月 簡易ガス(あけぼの地区)天然ガスへの転換完了
平成 20年 12月 簡易ガス(県営蛇田住宅)天然ガスへの転換完了
平成 21年 5月 社名変更(石巻瓦斯株式会社 → 石巻ガス株式会社)
同 10月 体験型ショールーム「エコサロン」オープン
平成 23年 3月 東日本大震災発生、本社及び製造工場が大津波の直撃を受け、全戸供給停止(12,755戸)
第1次復旧 6 ,973戸(4月12日〜5月3日)、第2次復旧 2 ,856戸(5月4日〜5月18日)
平成 23年 5月 東日本大震災復旧完了
(日本ガス協会等応援復旧隊により供給可能地域のみ復旧)
平成 24年 1月 ガスビル営業再開(会長室・社長室・総務部・ショールーム「エコサロン」)
平成 24年 10月 明神町事務所営業再開
緊急の時は
ガス臭い時は(都市ガス)
ガスが出ない
メーター復帰方法(都市ガス)
メーター復帰方法(LPガス)
地震の時は