ガス料金

原料費調整制度

原料費調整制度とは

    • 都市ガスの原料である液化天然ガス(LNG)等の価格は、為替レートや原料価格の動きにより変動します。こうした価格をガス料金にすみやかに反映させる制度です。
    • この制度により、ガス料金の従量料金単価(1㎥あたり単価)は毎月変わります。
 

原料価格の反映方法

3ヶ月の平均原料価格をもとに、2ヵ月後の調整額を算出し、ガス料金に反映させます。

【 原料費調整制度のイメージ 】

    • 原料費調整制度のイメージ
    •  
    • 調整後の従量料金単価の適用期間は、以下のとおりです。
    • 調整単位料金への適用月 平均原料価格の算定期間
      1月 前年8月~10月
      2月 前年9月~11月
      3月 前年10月~12月
      4月 前年11月~当年1月
      5月 前年12月~当年2月
      6月 当年1月~3月
      7月 当年2月~4月
      8月 当年3月~5月
      9月 当年4月~6月
      10月 当年5月~7月
      11月 当年6月~8月
      12月 当年7月~9月
    •  
    •  
    • ● 毎月適用する従量料金単価は、ガス使用量等のお知らせ(兼)ガス料金等口座振替済領収書」にて、検針時にお知らせいたします。